ニュース詳細

ふるさと納税

2020年03月23日

とっておきの鴨川をさがそう!房州ひじきのご紹介

春はひじきの収穫期。3月の大潮にかけて刈り取りをおこないます。引き潮の天気の良い日に収穫します。波の荒い海岸近くの岩場にひじきが繁茂しています。

房州ひじきはふっくらとした柔らかさとおいしさが自慢。太くつややかでしっかりした食感とひじき本来の旨味と香りが味わえます。房州ひじきは、収穫した生のひじきをすぐに蒸し、乾燥させるという昔ながらの製法で作られています。収穫されてすぐに浜ゆですることで鮮度もよく旨味がたっぷりつまったひじきが出来上がります。

ミネラルや鉄分が豊富に含まれ、健康食としても知られるひじき。古くから「ひじきを食べると長生きする」と言われています。

生のひじきは茶色、加工するにつれて黒色になります。鮮度の高いうちに加工することで、しっかりとした歯応えと自然の旨味にあふれるひじきが完成します。

房州ひじきは「千葉県ブランド水産物認定品」としても認定されています。

煮物はもちろん、ひじきサラダやひじき寿司もおすすめです。

「ひじき食べたい!」と思った方はぜひ、こちらのサイトもご覧ください。


ふるさとチョイス

撮影協力:斎武商店 宮崎商店 久根崎善次郎商店 中野健太郎商店 浜荻地区・小湊地区のみなさま