ニュース詳細

ふるさと納税

2019年11月11日

鴨川のお米をご紹介★こんなにおいしいお米があったなんて!

毎日食べるお米だからこそ、たまにはこだわって良いものを選んでみませんか。米づくりが盛んな千葉県では、各地の気候や風土を活かして育てられた、おいしい「ご当地米」があります。鴨川にも他の産地に負けない、隠れたおいしいお米があるんです!江戸時代からおいしい米の産地として名を馳せる鴨川産のお米を、ぜひお試しください。

鴨川でお米を生産、または販売をしている事業者さんをご紹介いたします。

【満田園芸】
JA安房鴨川水稲研究会の満田さんは、第18回米・食味分析鑑定コンクール国際大会「都道府県代表お米選手権」の部で金賞を受賞した実績のある生産者です。蛇紋岩の多い嶺岡山系から流れ出るミネラルをたっぷりと含んだ重粘土の地質と湧き水を使用し、海藻由来の肥料と減農薬栽培にこだわって手間暇かけて育てたお米は、ちばエコ農産物にも認証されています。
(満田園芸:千葉県鴨川市貝渚1461)



【田代農園】
「おいしさ」にとことんこだわっている田代さん。研究熱心でうまさの数値化にも意欲的に取り組み、食味コンクールでは優秀賞を4度も受賞しています。「千葉エコ農産物」の認証も受けている安心安全なお米を作っています。「うちの米は本当においしいよ。味には絶対の自信がある。冷めるとおいしさがよく分かるから、おにぎりにして食べるのが好きなんだ」 名前のとおり朗らかに笑う、田代農園の朗さん。農業を面白いビジネスにして、農家を増やすことも目標にしています。鴨川産の米のブランド力を高めて、農業を儲かる仕事にしよう!次世代につないでいこう!という思いを共有する仲間も増えています。
(田代農園:千葉県鴨川市池田98)


【新倉】
『新倉』の創業は明治39年。お客様へ長狭米本来のおいしさを届けるため、徹底した品質管理をおこなっています。銘柄を確認済の種子を使用し「栽培履歴」が確認された安心品質のお米を提供。衛生管理を徹底した精米加工場にて、一袋一袋、真心をこめて精米しています。玄米を低温倉庫で管理し、発注が入りしだい、低温精米機にて精米しています。お米のソムリエ、米食味鑑定士が、お米の品質や食味をしっかり鑑定しています。
(新倉:鴨川市東町999-11)

注目の品

お米マイスター監修「献上米」

こちらで紹介した事業者さんの詳細は「ふるさと納税」サイトで紹介されています。


鴨川には、おいしい物がいっぱい!鴨川のいろいろな特産物がみつけてください。